(税理士試験)年末年始の自習室使用不可の期間、皆さんはどこで勉強されますか?

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。2019年4月より大阪産業大学大学院(梅田サテライト)へ進学。 現在164記事を投稿中!

 

税理士試験2年目以降の人達に質問があります。

皆さんは12月下旬から1月初旬までの資格学校の自習室が解放されない期間、どこで勉強されていますか?

 

僕が1番集中できるのは資格学校の自習室

僕は税理士試験の勉強する時に最も集中できる場所は間違いなく資格学校の自習室です。

ですので極力仕事などで多忙を極めてしまう時期以外は、大原の自習室で勉強しています。

 

資格の大原では12月下旬から1月初旬まで自習室が使えない

しかし資格の大原の規定により、冬休み期間の12月27日~1月4日までの10日間程は、受験生は誰1人として自習室を使えないのです

さて困りました。

これからの1ヵ月弱、いわゆる冬休み期間というのは税理士受験生にとってかなり重要な時期となります。

僕みたいな確認テストの点数が伸びない人や勉強が遅れ気味な人にとっては、基礎を固め総合問題を解きまくらなければならない時期ですし、上位グループにいる人も皆が頑張る時期なので決して気を緩められません。

そんな時に間違いなく1番勉強に集中できる聖域を封じられた場合、どこで勉強すればこの期間に自分を成長させることが出来るのでしょうか?

少し考えてみました。

 

自習学習、外でやるか家でやるか

とりあえず外で勉強する場合のメイン所としては

ファストフード店、ファミレス、カフェ

フードコート

図書館

等がパッと思いつきますよね。 

ひとまず上記の場所で勉強を集中してできるかを検討してみましょう。

 

①ファストフード店・ファミレス・カフェ

基本的にこの3つは外で勉強する人の強い味方となる場所ですが、デメリットとしてはスポット的、時限的な使用に限られていることでしょうか。

普段用事と用事の合間とか、日曜日の17時以降に自習室が閉まってしまったりと、勉強し足りないという時には勉強場所としての最大限のパフォーマンスを発揮してくれるでしょうが、1日中勉強したい冬休み期間には不向きな場所ですよね。

よって不採用です(ノマド的に渡り歩いて勉強していたらお金がいくらあっても足りませんしね(^_^;)

 

②フードコート

大きな商業施設のフードコートも勉強するためには穴場のスポットです。

ファミレスやカフェなどのように店員さんとの距離も近くありませんし、広い空間を有するフードコートなら席もかなりの数があるので、長時間勉強していてもそこまで罪悪感は感じなくて済むでしょう。

しかし問題は冬休みというこの時期ですね。

とにかくフードコート+長期休暇という組み合わせはその場をLive会場にしてしまいます。

そこら中で子供たちがギャン泣きをし、走り回っているので理論などを集中して覚えたいというときにはその暗記作業はなかなかに高難易度のミッションになってしまうでしょう。

あと外での勉強時って、うるさくしなければ電卓使って使ってもいいんでしょうか?

さすがにモノを食べる場所で電卓カチャカチャは非常識ですよね・・・。
(ここら辺も含めていちど調査を敢行しなくてはならないので保留です)

 

③図書館

図書館は文句なしに王道の自習場所ですが、大抵のところは12月25日以降から1月5日位までは閉館となっております。

その時に1番勉強場所を欲している我々にとっては何の意味もありませんね。

 

 

 

意外と穴場だった実家のリビングという存在

税理士試験は様々な年齢層の人達が挑戦しているので、当然自分が生まれ育った実家、自分が築いた家庭内で勉強されている方も沢山いると思います。

ですがその人達と同等数、一人暮らしをしながら勉強されている方もいらっしゃいますよね。僕もそうです。

一人暮らしの人間が自室で勉強をしていると

・目の前にはパソコン
・横にはテレビ
・ポケットにはスマホと

本当に様々な誘惑が襲い掛かって来ますし、よほど強靭な精神力がないと大抵それらの甘い誘惑に乗って気付けば1時間以上経っていたなんてことは多くの人が経験済みだと思います。

実家暮らし、家庭を持たれている方でも自分の部屋で勉強されている方も同じでは無いでしょうか?

しかし実家のリビングは全く条件が違います。

 

実家のリビングで勉強するメリットは家族の目と自分への期待

まず家族の目があるので、パソコンやスマホを長時間見てサボるという選択肢が基本的に無くなりますよね。

それにすべての受験生の人は、自分が税理士試験に挑戦しているということは家族の人達に話していると思います。

なので大抵の人は家族からの期待やプレッシャーの中に身を置いて勉強することが出来ます。

それはサボりとは真逆に位置するストイックに自分を追い込む場所として実家のリビングは最大限のパフォーマンスを発揮してくれるのではないでしょうか?

後は耳栓と電卓音の許可さえ家族に取れれば完璧ですよね!

早速今週家族に話をつけて来週から実家での自習を敢行してみたいと思います。

 

まとめ

慧すけ
税理士試験に挑戦されている人は、多かれ少なかれ家族からの期待やプレッシャーを感じていると思います。

なので敢えてその家族が居る場に身を置いて勉強するのは、自分を追い込む環境としては悪くない選択肢だと思います(家族の理解と許可が得られればですが(汗