【眠気対策あり】先週はビックリする程の睡魔に襲われていました

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

僕が本格的に税理士試験の勉強を始めたのは、9月9日の簿記論初回授業日以降でしたが、それより半月ほど前から資格の大原(神戸校)には通っていました。

それは〝【大原】講座開講日よりも前に学校に通って雰囲気に慣れておこう【TAC】〟でも書いていますが、9月9日からの新生活に向けて、体を順応させる意味で大原に通学し、簿記3級・2級の勉強や興味のある本を読んだりしていましたね。

【大原】講座開講日よりも前に学校に通って雰囲気に慣れておこう【TAC】

2017.09.13

その8月末から先週の9月末までにかけて僕は自習室内で睡魔に襲われる事はほとんどありませんでした。

瞬間的に波が寄せて返していく感じで一瞬気が遠くなったりはしますが、その感覚は本当に一瞬で、直ぐにシャキッとした状態に戻り勉強ができていました。

 

なぜ先週はあんなに眠かったのか

あれほどの眠気に襲われたのは本当に久しぶりです。

学生時代に4時間目にプールで泳ぎ、その後昼食を食べた後に5時間目の授業を受ける事がありましたよね。

その際に襲ってくる強烈な眠気を覚えていますか?

もう本当にあれに匹敵するほどの眠気でした。

もう奴が来てしまったら何も手につきません。

ただただ眠気と戦うことしかできず、問題集に載っている文字なんて全く頭に入ってきませんし、1時間位かけてやっと1問問題が解ける程度の最低最悪のコンディションでした。

なぜ先週はあんなに強烈な眠気に襲われていたのか?

その理由としては考えられることが1つだけあります。

というかそれしか考えつかないのですが、おそらくメインの勉強場所を大原(神戸校)から(姫路校)に変えたことによって生活サイクルが乱れた(ズレた)ことによるものだと思います。

これまでは昼食・夕食ともに大原の休憩室で取っていました。

➡昼食は14時ごろに食べる
➡夕食は17時ごろに食べて
➡帰宅してからは特に何も食べず
➡風呂に入って寝ると言う感じでしたね。

しかし姫路校に通いだしてからは帰ろうと思えば直ぐに帰れることもあり、夕食は持参せずに家に帰宅してから食べていました。

家に帰ってくる時間は20時ごろで、そこから

➡夕食を食べる
➡食べてすぐに風呂に入って
➡風呂から上がってすぐに寝る

と言うかなり身体と内臓にとって(ハタ迷惑)な生活スタイルを送っていました。

おそらくそのせいで、寝ている間中ずっと内臓たちが働きっぱなしの状態で身体が休まっていなかったのだと思います。

それを受けて再び夕食の時間を変えました。

➡姫路校で夕食を17時ごろに食べて
➡勉強を再開し20時ごろに帰宅
➡そのまま何も食べずに風呂に入って寝る

という生活スタイルに戻したところ、次の日の朝の目覚めも良く、自習中も眠気に襲われることが無くなりました。

 

まとめ

慧すけ
この話は皆んなが皆んなに当てはまる話ではないと思いますが、

・自習中に眠くて眠くて仕方がないと言う人や
・朝起きるのが本当に辛いと言う人は

一度前日の夕食の時間を早めてみてはどうでしょうか?

寝る前までにはお腹の中をある程度空けた状態で睡眠を取ると、あなたの眠気が解消されるかもしれませんよ!

 

ー2017年10月5日(木)の勉強内容ー

・9時ー12時  仕事

・13時ー19時  簿記論の勉強(6時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計86時間半

財務諸表論の総学習時間   合計77時間