コピー代は惜しまずガンガン使いましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

今日の記事は受験生にとって必須のコピーコピー代についての話です。

税理士試験はとにかく合格までに時間の掛かる試験です。早い人で3~5年、働きながらなら普通に7~10年掛かると言われています。

そんな中で誰しもが考える事はお金のことです。

お金の悩み
・合格までにどれくらいお金がかかるのか
・貯金はいつまで持つか
・どこの支出を削って節約をするかは

税理士受験生なら誰しもが考えることだと思います。

そんな中で皆さんは少しでも貯金額の減少を抑える為にそれぞれ思い思いの節約術を使っていると思います。

節約術
・家から駅まではバスを使わずに歩いて通ったり
・外食を減らして自炊にしたり
・自習室に入り浸ることで家の水道光熱費を浮かしたり

などなど。

しかしその流れの同一線上でコピー代を節約していると言う人はいませんか?

もしコピー代を節約するために、解答したい問題があるけれど印刷するのを控えているという人は絶対に辞めたほうがいいです。

資格試験において1番重要なのは〝どれだけ自分の苦手分野を潰すために反復して問題を解いたか〟これに尽きると思います。

これを実行し苦手分野を無くすためには自ずと大量のコピー代が掛かります。

確かに1日200円も300円もコピーに使っていれば、月に6,000から9,000円程のお金がコピー代だけで消えていき結構我々苦学生にはツライですよね。

しかしここで重要なのは節約すべきもの節約してはダメなもの線引きです。

生活上の他の細々とした部分では大いに節約していきましょう、大切なことです。

ですがコピー代だけはケチらず湯水のようにお金を使っていいと思います。

それがダイレクトにこれからの自分自身の血となり肉となるのですから。

 

まとめ

慧すけ
僕の環境は少し恵まれていて、所属している事務所にはコピー機がありそれを自由に使えるので、自宅で今日の自習範囲のコピーを事前に印刷して持っていくことが出来ます。

しかしそれを使い切ってもなお、きちんと正解できない苦手な問題が出てきます。

そんな箇所はガンガン大原の有料コピー機を使って問題文を印刷しています。

皆さんも節約する部分と節約すべきでない部分の線引きを自分の中でキチンと引いておきましょう。

 

ー2017年10月6日(金)の勉強内容ー

・13時ー15時  簿記論の勉強(2時間)

・15時ー18時  財務諸表論の勉強(3時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計88時間半

財務諸表論の総学習時間   合計80時間