税理士になる方法は5パターンあります

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

弁護士や司法書士・税理士などのいわゆる士業というものは一般的に、試験を合格することにより初めて有資格者となれると思っている方も多いでしょう。

しかし実際には、上に挙げた3つの中で試験に合格した人しか有資格者になれないというのは弁護士だけです。

あとの税理士と司法書士には、試験合格以外にも有資格者になれる道が複数存在します。

 

士業への道は試験合格だけが全てではない


上記の文章では例えに税理士と司法書士を出していますが、
このブログは税理士を目指す人を対象に書いているので、今回は司法書士の説明は省略しておきます。

さて、税理士の資格保有者に試験合格以外でなる方法ですが、これには大きく分けて4つの方法があります。

①大学院に入学し税理士の科目免除制度を活用する

税理士試験には科目免除制度というものがあります。

これは、会計の科目(簿記論・財務諸表論)のどちらかを1科目取得すれば、もう1科目は大学院に進学し、会計学をベースとしたカリキュラムで2年間勉強をします。

➡その在学期間の集大成として修士論文を作成
➡国税庁に送付
➡国税審議会からの認定
➡晴れて試験で合格した会計科目以外の1科目を免除される
というものです。

税法科目も同様で、税法9科目
(所得税法・法人税法・相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税)
の内から1科目だけ合格すれば

➡大学院に入学後、税法ベースのカリキュラムを2年勉強した後に、
➡修士論文を国税庁に提出
➡国税審査会で認定
➡試験合格した税法科目以外の2科目が免除されます。

会計科目よりも難関といわれる、税法科目2科目を免除されるという部分だけを見ると、メリットも多い感じがしますが、

・入学金を含めた学費が高額である(卒業までにおよそ200万円)
・科目免除を受けるために2年の時間が必須である
・修士論文を提出しても審査会に否認される可能性がある

というデメリットもあります。

 

②国税従事者になり23年以上勤務する

国税従事者とは国税に関する法律立案事務、国税に関する事務や地方税に関する事務に従事する人達のことで、

分かり易くいうと、税に関する仕事をしている国税庁・国税局・税務署に務めている方です。

上記の方達が、採用後から23年以上勤務を続けたのちに、税理士審査会の指定した研修を受ければ、税理士登録が可能になります。

 

③弁護士になった後に税理士登録をする

弁護士は資格試験に合格し弁護士会に登録した後は、無試験で税理士会に登録する事ができます。

 

④公認会計士にった後に税理士登録をする

公認会計士は、資格試験に合格し日本公認会計士協会の名簿に登録した後は、事前調査と面接を経て税理士会に登録する事ができます。

試験合格以外の税理士への道に旨味はあるのか

上記では、5科目の試験合格以外で税理士の資格を取得できる方法を書いて来ました。

しかし実際に③・④の方達が、どれくらい税理士登録をしておられるのかは具体的な数字はよく分かりませんが、そんなに多くは無いと思います。

(無料で登録出来るのなら取り敢えず登録という方は多いでしょうが、税理士会に登録する為には、入会金と毎月の会費を払い続ける必要があるので)

②に関しても
既に国税庁・国税局・税務署に長年務めている方でしたら話は別ですが、今から試験以外の方法で税理士になろうと思い、公務員試験に挑戦・合格後に上記の場所で23年間の勤務を続けるという事はあまり現実的な方法とは言えないと思います。

 

まとめ

慧すけ

税理士は士業の中でも有資格者になれる道が多い資格です。

道自体は多いのですが、現実的に考えると②・③・④の方法はかなり厳しい選択肢になると思います。

逆に②・③・④は、税理士試験に正攻法で挑むよりも困難な道になるでしょう。

なのでやはり皆さんお勧めするのは、正攻法での5科目合格になりますが、金銭的に余裕がある方は、科目免除を受けられる大学院に入学するという選択肢も視野に入れておいて損は無いと思います。