ヒカキンさんの仕事観は税理士受験とも密接につながっています!

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 ブログは2017年9月1日より月・火・水・木の午前8時に更新。 136記事を投稿中!

 

先日YouTuberのヒカキンさんの仕事観(買い物観)という動画がツイッター上で話題になっていました。

ヒカキンさんといえば、いまや日本を代表するトップYouTuber。

そんな彼がどのような仕事観の下、日々のコンテンツ作成に取り組んでいるのかが気になった僕は件の動画を見てみることにしました。

ヒカキンさんの仕事観/買い物観

いや~、動画を見ましたが素晴らしかったですね!

やはりどの分野においてもトップを走り続けている人の考え方は、普通とは違う視点というか、僕のような平凡な人間の考えの遥か上を行っていて本当に勉強になります。

以下に今日の僕の記事で紹介しているヒカキンさんの動画と、ヒカキンさんの仕事観(買い物観)の部分をキャプチャーした画像を貼っておきますので是非一度見てみて下さい。

※注 再生ボタンを押すと音が出ます

自分の夢や仕事に関する物は、その時自分が買える一番良いものを妥協せずに買う〟

値段が高くても高品質で自分と相性の良い物買えば、長い間もつし自分への良いプレッシャーになる〟

youtuberにとって良いパソコンは時間を買ってくれる魔法のマシーン

 

このようにヒカキンさんは人生において重要な局面で、

自分にとって一番大事なものに

今持てる自分の全てを掛けて来たから、現在のトップYouTuberとしての地位があるのでしょうね。

 

ヒカキンさんの買い物観は税理士受験にも通ずる所がある

これまで話してきたトップYouTuberの仕事観。

実はこれってYouTubeだけの話に限りませんよね!

どの分野の趣味・仕事にも繋がる話ですし、もちろん税理士受験生においてもこのヒカキンさんの話は通ずるものがあります。

 

予備校選びも勉強場所もお金を理由に妥協をしてはいけない!

受験の為の予備校選びは妥協しない! 高くても最高の環境で勉強をする

自分の夢に関する物は、その時自分が買える一番良いものを妥協せずに買う

まさに予備校選びもこの考え方が重要です。

税理士の資格を取得しようと思い、まず最初に行き当たる悩みとしては「独学で挑戦するか・専門学校に通うか」だと思います。

まぁこれに関しては、殆どの人が何かしかの専門学校に通うとは思うのですが、問題はどこの専門学校に通うかです。

現在の税理士受験界隈においては「資格の大原とTAC」が最も堅い選択肢として挙がって来るとは思いますが、金銭的な問題から大手の資格学校には通えないという人もいるかもしれません。

大原やTACは大体、初学者がキチンと最初から試験科目の習熟を図ろうとすると資格学校に支払う1科目毎の価格は20万円程掛かります。

これが払えないから、もっと巷にある1科目10万円以下とかの専門学校を視野に入れている人もいると思います。

しかしやはり、税理士受験予備校の2トップといわれる大原とTACの力は伊達ではありません。

税理士試験合格者の約9割がこの2つの学校の受講生です。

ハッキリ言って、講師陣の実力・教材の質・カリキュラムや生徒へのバックアップ体制は、そんじょそこらの専門学校とは比べ物にならない程に厚いモノでしょう。

なので、「大原やTACで学びたいけどお金が少し厳しいな・・・」と思って悩んでいる人は、

親に頭を下げてでも

勉強の時期を1年伸ばしてお金を溜めてでもいいと思います、

受講生の9割を合格させている大原かTAC、このどちらかの専門学校へ通うことをオススメします。

 

勉強場所を妥協しない! お金が掛かったとしても自分が一番集中できる場所で勉強をする!

同じく勉強場所も妥協はしない方がいいです。

・専門学校の自習室が一番集中して勉強できるなら、定期券を買って通いましょう!

・部屋で勉強が出来れば時間の節約にもなって一番いいけど、誘惑が多くて・・。

という人はお金を掛けてでもその環境を変えて行きましょう!
(実際に僕は完璧な自宅での勉強環境を整えるため、お金を掛けて現在準備を進めています(後日ブログで書きますね)

 

まとめ

慧すけ

自習室に行きたいけど、電車賃が高いからあまり集中できない自分の部屋で勉強をしているという人は、もう一度このページにあるヒカキンさんの動画を見てみましょう!

あなたの叶えたい夢。

あなたが人生を掛けてでも掴みたい未来。

そのために、今あなたにとって一番良いものを妥協せずに〝買っていきましょう

それは結果的に自分の人生の時間を買うことにも繋がりますし、自分への良いプレッシャーになるはずですから!