(通学)資格の大原では税理士講座の無料体験入学を随時行っています(Web)

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

税理士試験に挑戦したいと思った際の最初の疑問点として、

一体どこの資格学校で税理士講座を受講すればよいか?〟という問題に直面します。

この資格学校の選択肢については以前から何度か記事に書いて来ていますので、参考にしてみて下さい。

税理士試験に合格する為には大原かTACかの選択をしよう

2017.09.08

 

今日の記事では上記から一歩進んで、税理士講座をこれから受けたいという方に向けて実際に資格の大原で随時行われている授業の無料体験について解説をしていきたいと思います。

資格の大原では税理士講座の無料体験を随時開催しています

資格の大原では、随時税理士講座の無料体験が各校にて行われています。

実際の授業ではどんなことを勉強するの?

学校の雰囲気は?

大原の実際の授業、教材を見てみたい!

そんな方にオススメなのが無料体験入学です。

無料体験入学では、実際の教室通学・映像通学を通して普段行われている授業の様子を体感することが出来ます。

 

実際に無料体験入学を申し込んでみよう

では実際に資格の大原税理士講座の無料体験入学に参加するための申し込み手順を説明して行きたいと思います。

参加の方法は「直接学校を訪問し授業を受ける」ものと「自宅のパソコンから授業を受ける」ものの二通りがあるので、ひとつづつ確認して行きましょう。

※教室で体験授業を受ける際の必要な持ち物
体験入学の際には必要な教材等は学校側にて用意してくれていますので、

必要な持ち物は /筆記用具 /電卓 のみで問題ないです。

 

最寄りの学校で体験授業を受ける場合(予約不要)

ステップ1 開講日程を講座案内で確認

http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/shuto_koza/kaiko.html

まずは上記リンクから最寄りの学校で行われている、あなたが受けたい講座の日程を確認してみましょう。

(※体験入学はカリキュラムが既に始まった途中の授業からも出席可能ですので、

今が2月だとするならば〝1月開講初学者短期合格コース〟や〝9月開講初学者一発合格コース〟などの授業に出席が可能です)

初回授業の雰囲気が見たいという方は、以下のURLからWeb視聴が可能です。

http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/taiken/tsushin/

 

ステップ2 受付で体験入学の申し込み

体験授業を受けたい日程が決まったら、授業が開催される学校の受付で当日申し込み手続きをしましょう(後日予約も可)

その際に注意して貰いたいのは、希望する体験授業の開始時間20分~30分前までに受付を訪問することです。

授業開始ギリギリに申し込みをするという事態が起こらない様に、学校を訪問する際は少し時間に余裕を持って家を出ましょう。

 

ステップ3 体験入学カードに記入

受付にて渡される体験入学カードに必要な情報を記入し、受付の方に提出しましょう。

(授業の担当講師に直接提出する場合は授業終了まで自分で管理しておいて下さい(指示があると思います)

 

ステップ4 教室で体験授業を受ける

ステップ3までが完了すれば、あとは体験授業を受けるだけです。

受付の方に授業が行われる教室を聞き、当該教室へ向かい授業を受けましょう。

 

Webで体験授業を受ける場合(手続き不要)

ステップ1 PC・モバイル上から大原のWebページへ移動

http://www.o-hara.ac.jp/best/zeirishi/taiken/tsugaku/

上記リンクをクリックし、「Webで講義体験」ページに進みます。

 

ステップ2 体験授業を受けたい講座をクリックして視聴開始

進んだページの先で自分が興味のある、体験授業を受けたい科目を選択しクリックすると、画像下部の黒い動画再生スペースに選択した科目が反映されるので、真ん中の再生ボタンをクリックして動画の視聴を開始します。

 

まとめ

慧すけ

無料体験入学のハードルとしては、圧倒的に授業に参加するよりもWebでの参加の方が敷居が低いです。

ですが、実際にどこの専門学校に通うか、どんな雰囲気で授業が進んでいくのかが知りたいという人は、一度教室で行われる体験授業を受けることをオススメします。

Web視聴は便利ですが、実際の教室内の雰囲気や休憩の取り方・タイミングなどが分かりづらいという難点もあるので、教室の空気感を体験したいという方は是非資格の大原で体験授業を受けてみて下さい。