資格の大原(神戸校)の自習室利用制度が2017年の9月8日から変わりました

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。2019年4月より大阪産業大学大学院(梅田サテライト)へ進学。 現在164記事を投稿中!

 

今回の記事は完全に大原生(神戸校)の人向けなので、TAC生やWEB受講をされている人には無関係過ぎる内容になっていますが、どうかご容赦ください。

 

今日は、資格の大原(神戸校)の自習室の利用方法の話をしていきます。

タイトルの通り今年の9月8日から利用方法が大きく変わったのですが、僕自身が制度の変更後に自習室の席を確保するのに少し戸惑ったこともあり、もしかしたら他の人も勝手が分かり難いんじゃないかなと思いこの記事を書いています。

 

これまでの自習室の利用方法

これまで大原の自習室を利用して勉強をする際には、大原の授業スケジュールの適用外になっている教室が解放され、各々が自分の好きな教室で勉強をするというスタイルでした。

毎日だいたい、少ない日で4~5教室、多い日は10教室ほどを自習室として開放してくれています。

利用時間の目安としては、

自習室の利用時間
ⓐ9時  ー13時
Ⓑ14時ー17時
ⓒ18時ー21時半

となっており、開放されている自習室の内の全教室がⓐ~ⓒの1日中使用可能の日もあれば、

ⓐ~Ⓑは利用可能なのにⓒ以降は授業で利用出来ないという日もあります。

そんな日は、ⓐⒷの時間にその自習室を使っていた人達は、授業が始ます18時の30分程前から別の利用可能な自習室にゾロゾロと移動するのです。

 

これからの自習室の利用方法

これまでは比較的自由に、勉強できる自習室をその日その日に自分で選んでいたのですが、これからはほぼ全ての自習室が事前予約制となりました。

 

自習室の予約方法

事前にスマート大原というサイトに受講ID・パスワードで自分のアカウントを作成したのちに、日付別に開放されている教室の残り座席数を確認し、残数がある教室に予約を入れます。

そして予約を入れた当日に大原の教室に向かい、教室の前(エレベーターホールの壁)に貼ってある当日の教室状況一覧表の右上(画像の赤枠部分)の数字4桁を確認します。

この数字を勉強開始前に利用届画面から入力すれば、完璧に利用申請が完了です。
(追記 その日の勉強前~退出時までに入力すれば大丈夫です)

従来に比べてかなり面倒臭くなりましたが、恐らくこのシステムになった理由の一つとしては、朝から自習室に出て来れない人への配慮があると思います(今までは昼からしか自習室に来れない人は、午前の間に自習室が一杯になったらどうしようもなかった)

もう一つは予約制にすることにより、当日やる気が起きなくてそのままサボっていた人に、もう事前に予約を入れてしまっているから取り敢えず教室に行くしかない、という強制力を働かせるのも狙いの一つだと思います。

 

現行制度の不満点

制度が変われば様々な意見が出てきます。

利用しやすくなったという人もいれば、改悪だという人ももちろんいます。

僕自身も現行の予約制度にいくつかの不満点があるので、それを挙げて行きたいと思います。

 

①全体的に手続きがメンドクサイ

まず第一に予約が1日づつしか取れないので、1日取ってはページを戻り、また1日取ってはページを戻りという手間が掛かるので、1週間分の予約を取ろうと思ったらちょっとした時間を必要とします。

そして予約を取れても、当日学校に貼ってある利用届ナンバー4桁を利用届画面から入力しないと、正式に利用できる状態にならないというのも少し面倒です。

手間自体は殆ど無いのですが、スマートフォンを忘れてきてしまった場合はどうなるのでしょうか?

正式に利用申請が完了していないのでキャンセル扱いとなって追い出されたりするのでしょうか?
まぁこれに関しては当日に職員室に行って理由を説明すれば解決しますが、それも若干面倒です・・。

 

②同じ教室内での移動が必要

そして一番の不満は同じ教室内にいるのに、ⓐ→Ⓑ→ⓒの時間帯によって席を変えなければいけない事です。

これも手間自体は大したことは無いといえば無いのですが、強制イベントとなっているのが嫌ですね。

現状、予約の段階では教室の番号と利用する時間帯しか選べないので、同一の教室のⓐⒷⓒの時間帯を予約しても3ターンとも席の位置がランダムに指定されるため、時間の区切りの度に席を移動させられ落ち着きません。

どうせ予約制を取るのならば映画館の座席指定の様に、自分の座る席も自分で選びたいというのが本音です。

 

まとめ

 

慧すけ
不満だらけのように書いてしましましたが、もちろん良い点もありますよ。

やはり一番良いのは、予約を入れている以上自分自身の勉強姿勢にも強制力が働き、サボりたい時でも取り敢えず学校には行かなくちゃと思います。

行ったら必ず集中していつも通り勉強できるので、朝が弱く気持ちが揺らぎ易い人には持って来いな制度変更だと思います。

ガンガン予約を入れて(2週間先まで予約可能です)偶に襲ってくる自分の弱い心のストッパーとなって貰いましょう!

 

ー2017年9月14日(木)の勉強内容ー

・9時~13時   財務諸表論の勉強(4時間)
・13時半~17時  財務諸表論の勉強(3時間半)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2017年9月9日以降の総勉強時間

簿記論の総学習時間     合計16時間

財務諸表論の総学習時間   合計16時間半