資格の大原は〝メインの受講校以外の自習室も〟自由に使えます

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。2019年4月より大阪産業大学大学院(梅田サテライト)へ進学。 現在164記事を投稿中!

 

僕は先週まで資格の大原(神戸校)に授業の日も含めて週6日間通っていました。

このブログのタイトル名にもあるように、僕は兵庫県の姫路市に住んでおり資格の大原(神戸校)まで通うには、電車で50分程の時間がかかります。

50分と言うのは単純に電車に乗っている時間なので、

➡僕が住んでいる場所から駅まで行って
➡電車に乗り
➡駅から学校まで歩く

と、なると合計で1時間半の通学時間が掛かるのです。

僕は当初はこの移動に要する時間を理論の暗記に費やそうと思っていました。

しかし実際に通ってみますと電車の中は激混みで、ほとんどの時間を立った状態で過ごさなければなりません。

こんな状態での1時間半を勉強に当ててもまともな成果は出せないなと思い、電車通学以外の方法を検討しました。

そこで思いついたのがまさに僕が住んでいる姫路にある資格の大原(姫路校)に通って自習学習をすると言うものです。

 

完全に姫路校の存在を忘れていました

最初に大原に通学しようと思った時に姫路校は通学の第一候補でした。

しかし姫路校はWEBと通信しか税理士講座が開講されていなかったので、消去法的に神戸にある大原に入学を決めました。

そしてそのまま僕の頭の中から大原(姫路校)の存在はすっぽりと抜け落ちていたのです。

しかし今回の勉強方法の見直しの際に

慧すけ

そういえば住んでいる所からそう遠くない場所に大原の姫路校があったな。

そこに行けば電車通学なしに平日の勉強に集中できるぞ。

慧すけ

いや待てよ、大原ってメインの受講校以外の施設って自由に使えるのか?

WEB補講は受講校以外でも受けられるとはホームページに書いてあるけど、自習室の利用については書いてないぞ?

明日直接確かめに行くか

 

という思考をめぐらし、実際に足を運んで受付の方に尋ねてみました。

慧すけ
すみません神戸校で授業を受けている者ですが、姫路校の自習室を利用しても大丈夫ですか?

と聞くと

受付の方
大丈夫ですよ!受講証を机の上に置いておいてくださいね

 

と、それだけを言われて無事にその日は自習室を利用出来ました。

そしてその日以降は授業の日以外は(姫路校)で勉強をしています。

 

まとめ

慧すけ
この記事の内容なんてほとんどの人が知っていたと思います。

実際に僕も他校の自習室も自由に使えるだろうと思っていましたが、確証は無かったので無事に利用できてホッとしています。

これにより勉強効率も上がりますし通学に掛かるお金も大分浮いたので良い選択をしました。

 

ー2017年9月29日(金)の勉強内容ー

・14時ー20時    簿記論の学習(6時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計71時間半

財務諸表論の総学習時間   合計58時間