いきなり大きな壁を登ろうとするのは危険!まずは小さな成功体験を味わおう

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

何ごともはじめの一歩目のハードルは高いものです。

今いる安全な場所から動かなければ、傷つくことも無いし道に迷うこともありません。

しかし

〝このままじゃ嫌だ〟
〝自分自身を変えたい〟
〝人生を変えたい〟

という人は、今いる安全な場所から勇気を出して足を一歩踏み出してみましょう。

 

その一歩は何だって構いません

踏み出すその一歩の動機は何だって構いません。

まずは、あなたが今悩んでいる事、変えたいと思っている事に対して向き合ってみる事から始めてみましょう。

下にいくつか〝変わりたい〟という動機とその為の行動について例を挙げてみました。

動機と起こすべき行動の例


外に出るのが怖い、人に会うのが怖いと言う人は直接的には顔を合わさず、声だけでオンライン上で楽しく話せるようになる人を見つけてみましょう。


昔全く勉強してこなかったことを後悔している、学がないのが恥ずかしいと言う人は、まずは地域でやっている詩や本の朗読会などに顔を出してみましょう。


以前はスリムだったのに今は不摂生のせいで太ってしまったと言う人は、まずは食べる量はそのままで、野菜から食べるという習慣をつけてみるのも悪くないと思います。

 

変わるために大事なこと

 

大事なことは、何でも新しいことに挑戦する際に、いきなり自分の前に高すぎる壁を作らないことです。

ほんの少しだけの段差でいいのです。

それを以前は登れなかった自分が、たった1段の段差でも上ることができた。

この体験が、たったこれだけの体験が 〝変わる〟ためには必要不可欠なのです。

変わりたいと思ったとき、

・1番の人がいきなり外に出てはいけません
・2番の人はいきなり難関資格や難関大学に挑戦してはいけません
・3番の人はいきなり断食ダイエットなどをやっては絶対にいけません

どれも今のあなたが上る壁に設定するには高すぎます。

間違いなく今のあなたはその壁を登りきる事は困難ですし、そしてそれを登れなかったとき、あなたはあなた自身に失望し変わろうと思ったこと自体にも後悔してしまうでしょう。

そうならないためにも現状の自分を

〝誇れない〟
〝変わりたい 〟
〝自分のことをもっと好きになりたい〟

と思っている人は、そう思っているだけでは勿論ダメです、しかし最初に高すぎる壁を設定してもダメです。

まずは少しの努力と決意があれば必ず成功できる目標を立てましょう。

その目標の立て方がわからないと言う人は、いっそ周りの人に自分にとっての最初の一方にふさわしい壁の高さを聞いてみるのもいいでしょう。

意外と周りの人の方があなたのことを冷静に見てくれているかもですよ。

 

まとめ

慧すけ

僕の場合は、簿記2級の合格が小さな成功体験です。

難易度自体は高くなくても自分でも努力すれば合格出来たという成功体験は、税理士試験を受けようと決意する時に本当に役に立ってくれました。

 

ー2017年9月28日(木)の勉強内容ー

・15時ー20時    簿記論の学習(5時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計65時間半

財務諸表論の総学習時間   合計58時間