やったら休むは当たり前、やらなくても休むが大事

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

少し前に〝受験生の休み方には2パターンあります〟という記事の中で、定休日を決めてその日以外は絶対に勉強しようと書きましたが、

受験生の休み方には2パターンあります

2017.09.22

勉強を続けていると、どうしてもモチベーションが上がらない時がありますよね。

仕事が忙しすぎて
人間関係で嫌なことがあって
友人に誘われて

そんな時にまで鋼の心で勉強を続けられる人は良いですが、大抵の人は心が折れてその日は勉強が手につかないと思います。

 

休むなら完全に休んでしまい明日に備えよう

モチベーションが上がらない時にはスパっと今日勉強しない!

といっそのこと決めてしまった方が楽です。

その方が勉強しない自分への罪悪感もダラダラと持たなくていいですし、何よりも生活のリズムが狂いにくくなります。

勉強続ける上での必須条件は生活リズムを一定に保つことです。

この
・リズムが決まっていない人や
・リズムが調整出来ず毎日狂ってしまっている人は、

間違いなく勉強に集中出来ません。

受験生A
午前午後と勉強しなかったから、いつも22時に寝ているけど今日は深夜2時まで勉強しよう

等とやってしまっていると、そこから次の日またその次の日とドンドン生活リズムに悪影響及ぼしていきます。

なので大事な事は、

生活リズム、学習リズムが決まっている人はそのリズムを保つことを1番に考えましょう!
ということです。

今日勉強できなかったと思っても少し反省をしたら気持ちを切り替え

➡その日は22時にいつも通り寝る

➡そしていつも通りの時間に起きましょう

➡そして次の日からは、いつも通りの勉強スタイルに戻る

これが1番大事です。

 

まとめ

慧すけ
僕たちはロボットでは無いのだから、モチベーションが上がらない日があっても当然です。

そんな時、大事な事は絶対に自分の決めた就寝時間を死守する!!

生活のリズムを崩さない!!

これだけです。

 

ー2017年9月25日(月)の勉強内容ー

・一日仕事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年9月9日からの総勉強時間

簿記論の総学習時間     合計52時間半

財務諸表論の総学習時間   合計49時間