久し振りに親戚の兄妹に会ったら、みんな結婚してた

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

どうも、今月の29日で32歳(独身)になる慧介です。

先週はとある事情から5~6年ぶりに親戚が一同に介する集まりに出席していました。

僕の両親は2人とも九州の福岡県が出身なので、親戚のほとんどの人たちが九州に住んでいます。

なので大人になってからは親戚のみんなと会う機会はめっきり減り、会えるのも冠婚葬祭くらいになっています。

僕の同年代の親戚の兄妹は10人いて
・年上のお兄さんお姉さんが7人
・年下の弟たちが3人います

その中で年上は1人のイケメンのお兄ちゃんを除いてみんな結婚しており、年下も1人(まだ20歳前半)の子を残してみんな結婚をして子供までいました。

僕自身今は全く結婚願望や結婚に対する焦りなどは無いのですが、ちっちゃな頃からお兄ちゃんお兄ちゃんと自分の後ろを付いて来ていた弟たちが、結婚して子供もいて立派なお父さんになっているのを見ると、さすがに少し精神的にダメージを受けてふらつきました。

さらに弟たちの赤ちゃんもえげつないほどに可愛かったので、その日の夜は親戚の家の風呂の中で「結婚か~」と理論の勉強もせず独りごちていましたね。

 

結局当分自分には関係なかった

いろいろ書いてきましたが、結局は簿記論と財務諸表論を頑張ろうといういつもの着地点に落ち着きました。

合格体験記などを読み漁っていると、税理士受験中に結婚をされた方もいらっしゃいますが、その人たちも残り1・2科目や最終結果待ち状態のときに結婚したと書いていました。

なのでさすがに税理士受験を始めて2か月目合格科目0の時に悩むことではありませんでした。

実際その日、風呂から上がったら結婚のことなんて忘れて必死に理論の勉強をしていましたからね。

 

まとめ

慧すけ
さすがに親戚の中で、ほぼ自分以外の兄弟が結婚して子供もいるという事実に動揺を隠せませんでしたが、この記事も5年後にほほえましい気持ちで見られるように、今は勉強を頑張りたいと思います。

 

ー2017年10月24日(火)の勉強内容ー

・13時ー16時  財務諸表論の勉強(3時間)
・18時ー20時  簿記論の勉強  (2時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計124時間半

財務諸表論の総学習時間   合計104時間半