ブログを書いている人と会うと、初対面の儀式をスッ飛ばせるので凄くラク

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。資格の大原(神戸校)に通学中です。 現在160記事を投稿中!

 

仕事でもプライベートでも初対面の人との初顔合わせの時ってもの凄くドキドキしますよね。

・どんな顔の人なんだろう
・どんな声の人なんだろう
・どんなものが好きなんだろう
・どんなものが嫌いなんだろう
・こんな話題を振ったら喜ぶかな
・逆に腹を立ててしまうかも
・お昼は和食をセッティングしたけれど、嫌いだったら申し訳ないな

などなど、とにかく〝未知との遭遇〟な訳ですから、否が応でも緊張はしてしまいます。

人は自分の知らない人・物に初めて相対したときには絶対に身構えてしまう生き物なのですから仕方ありません。

しかし、初めて会う人の顔やプロフィール趣味嗜好が予めほとんど把握できていたらどうでしょう?

おそらくそこまでの緊張は無くなると思います。

だってその相手はもう既に〝未知〟では無いのですから。

 

彼を知り己を知れば百戦危うからず

もし初対面の相手の人がブログを運営している場合、そしてそれをマメに更新している場合、そのブログの中にその人の内的・外的な情報の約8割が詰め込まれているといっても過言ではないでしょう。

それくらいブログを継続して更新すると言う事は自分自身をさらけ出すことなのです。

事前にそれに目を通して

内的情報
・相手の好きなもの
・嫌いなもの

・ハマっている趣味
・苦手な人

・嫌いな作業
・掲げている信念

などの内的な情報や

外的情報
・身長や体重
・家族構成
・顔やまとっている雰囲気

などの外的な情報を見ておけば何も恐れる事はありません。

後はその情報に沿って

「〇〇が好きなんですよね!」

「先日〇〇に行かれてましたよね。僕は以前すぐそばの〇〇に行ったんですがそこも良かったですよ!」

などいかようにも対応できますし、お互いにブログを運営していた場合は初めての顔合わせの時からまるで十年来の付き合いの友人としゃべる位の雰囲気で話すことが出来ます。

相手も自分の情報を、自分も相手の情報を知っている訳ですから当然ですよね。

下手をしたら本当に十年来の友人よりも初対面時から深い話が展開される可能性があるかもしれません。

とにかく初めて会う人がブログやFacebook・Twitterをされていると初顔合わせの時が本当に楽です。

 

まとめ

慧すけ
今度今まで会ったことが無い人と初顔合わせをするという人は、一度その人の名前でネット検索をしてみましょう。

その人がブログを運営されていたら、そのブログの中にその人自身の情報が沢山詰まっていますし、FacebookやTwitterなどをやられていたのなら、そこからでも相手の情報は事前に把握できます。

相手の人も自分が発信しているメディアを事前にチェックして来てくれたら悪い気がしないどころか嬉しいですし、話も盛り上がるでしょうから一度試してみてください。

 

ー2017年11月15日(水)の勉強内容ー

・10時ー15時 簿記論の勉強  (5時間)

・18時ー21時 財務諸表論の勉強(3時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計194時間半

財務諸表論の総学習時間   合計156時間半