将来独立を目指す人は、ネット上に自分の名前が出てくるかが重要なポイントです!

ABOUTこの記事をかいた人

慧すけ(秋山慧介)

2017年9月より、生き地獄といわれる税理士試験に挑戦する管理人慧すけが、日々の思いを赤裸々に綴っております。 姫路の秋山税理士事務所(相続専門)に所属。2019年4月より大阪産業大学大学院(梅田サテライト)へ進学。 現在164記事を投稿中!

 

皆さんは自分の名前を自分自身で検索した事はありますか?

誰でも少なくとも一度はパソコンやスマホで自分の名前を検索した事はあるんじゃないでしょうか?

しかし有名人や実名で情報発信を活発に行っている方ならば検索にヒットするでしょうが、ほとんどの人は検索0件という少し悲しい状態が表示されるだけだと思います。

 

将来独立を目指す人はネット上に自分の名前が出てくるかが重要なポイントになります

今税理士を目指して勉強されている人の大多数は将来的に独立を考えていると思います。

その際に重要になってくるのはHP・ブログと自分の名前です。

独立前後は色々な人と出会い交流会に出向き、名刺や自分の強みを乗せた手作りのパンフレットを配ったりする機会も多くなると思います。

その際に名刺に自分のホームページのURLを印字したものを相手方に渡しますよね。

でもそれほとんど無駄だと思います。

自分のことで忙しい現代のビジネスマンや自営業の方達はいちいち名刺に書いているURLを打ち込んで検索などしてくれません。

してくれたとしても、貰った名刺に書いてある名前で検索をかけてみる程度だと思います。

その時に自分の名前のメディアが上位に表示されるのとされないのとではビジネスチャンスに天と地ほどの差が出て来るでしょう。

貴重な出会い・将来的なビジネスチャンスを逃さない為にも、是非今からでも自分の本名を売る計画を立てていきましょう。

 

ネット上で自分の名前を売るための具体的な方法

①本名を出す

まずは自分の本名をネット上に公開することが必要です(ブログ、SNS等)

この時点で本名の公開に抵抗がある人はニックネーム等でも構いませんが、独立後は最終的に自分の名前を出して営業するのですから、早い段階で自分の名前を出しておくのも1つの手だと思います。

 

②自分のネット上の媒体を定期的に更新する

これはGoogleのSEO対策(検索結果)の話になります。

HP・ブログを立ち上げ、どんなに良い記事を書いたとしても、それが月に1回や半年に1回と言う更新頻度では自分のHP・ブログの順位は上位にはなかなか表示されません。

上部に表示されたとしても、継続を怠ったら既存のライバル・新規のライバルに抜かれ、ズルズルと検索順位は下がっていってしまいます。

ですので大事なのはコンスタント情報を発信していくことです。

 

まとめ

慧すけ
他にも
・商業出版をする
・電子書籍を出す
・セミナーを積極的に開催し、ネット上で公開する
・YouTubeなどにコンテンツを上げる

などでもネット上での自分の本名レベルはどんどん上がっていくでしょうが、自著の出版などはかなり敷居が高く容易に達成できる事ではありません。

なのでまずは
➡自分の本名を公開し
➡HP・ブログ・SNSなどの自分メディアを設立し
➡その媒体を情熱を込めて育てていく
ことが大事だと思います。

 

ー2017年11月8日(水)の勉強内容ー

・10時ー15時 簿記論の勉強  (5時間)

・16時ー19時 財務諸表論の勉強(3時間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー2017年9月9日からの総勉強時間ー

簿記論の総学習時間     合計174時間半

財務諸表論の総学習時間   合計142時間半